当院の特徴

当院は、“優れた手技”“最新の物療機器”で痛みの原因を取り除く、
根本治療を行っております。

複雑な症例や他院でも治らなかった症状を改善し、苦痛を取り除くことが可能。
保険診療、保険外診療ともに対応しておりますので安心してご来院ください。

1467284870079特徴1開業34年の実績!
~蓄積された経験と厚い信頼があるから安心です~

当院は、地元松戸市にて、昭和57年に設立。これまで多くの患者様を治療し、信頼を得てまいりました。
その蓄積された経験から、新生の症状や他院で治らなかった患者様の症状にあわせて的確な治療法を選択し、痛みなどを改善、回復に導いております。

骨折整復の写真特徴2磨かれた技術による抜群の治癒力!
~徒手整復により素早い回復が期待できます~

当院ではほとんどの骨折や脱臼を、多くの施術経験が必要な、
“徒手整復”により固定します。
手術をすることなく治療が可能。

拘縮や機能障害を起こす可能性が少なく、最短のリハビリ期間により素早い回復、治癒が期待できます。
患者様一人一人にあった適切な施術を行うことで、確実に治療の成果を上げておりますので、安心してご来院ください。

ハイブリット電気刺激治療器(低周波中周波)rutina特徴3“物療機器”が豊富!
~手技と理学療法で満足の治療をご提供します~

当院は、最新技術を取り入れたステレオダイネーター(ドイツ製)をはじめ、スーパーライザー、半導体レーザー、干渉波治療器(SEDANTE NEO)、SSP治療器などの物療機器を取り揃えております。

患者様の症状に応じて物療機器それぞれの特徴を生かし、使い分けることが重要です。

当院が所有する“物療機器”はこちら

ステレオダイネーター928(3次元立体干渉波治療器)
-ドイツ SIEMENS社製について

ステレオダイネーター異なる3方向からの中周波の「重ね合わせ」から発生する3Dステレオダイナミック「立体動的干渉波」による革新的な物理療法機器です。

従来の干渉波は2次元の「面」でのアプローチしかできなかったのに対し、ステレオダイナミック干渉波では、
3次元の立体的アプローチを可能にしました。

体内で生み出された幾重もの干渉波の層-立体動態波は表層部から深部まで交互に刺激を与えることができるので、患部に対して深く、強く”ねじ込む”ような刺激(痛みを伴うことはない)を与え、肩、腰、膝など人体深部にある病変部位の治療、痛みの緩和に優れた効果をもたらします。

さらに1MHzと3MHzの超音波(温熱効果、筋肉弛緩)とEMS(筋力強化)を搭載していますので、患者様の症例に即したプログラミングをすることにより、相乗効果を生み出し、
より早く結果を出すことができます。

スーパーライザーについて

スーパーライザーダブル 光の中で最も生体深達性の高い波長帯の近赤外線(0.6μm~1.6μm)を高出力でピンポイントで照射できる光線治療器です。体の深部まで光線が届き、各部位の血流を改善、神経の興奮抑制、鎮痛、消炎、創傷治癒に効果があります。

特に星状神経節(頸椎下部の横突起付近にある)照射で、ペインクリニックなどで行われる注射針を首にさす治療とは違い、無痛で安全に痛みをブロックしたり、自律神経(交換神経と副交感神経)のバランスを整えたり、以下のような症例に効果を発揮します。


肩こり・冷え性・頭痛・不眠・更年期障害
坐骨神経痛・腰痛・肩・肘・膝の痛み・顎関節痛・スポーツ障害
自律神経失調症・ストレスの緩和

半導体レーザーについて

半導体レーザー低出力レーザー治療器ともいい、低侵襲(身体に負担をかけない)で、熱を感じさせないので、一定時間(長め)の照射が可能、神経伝導の抑制、血流の改善、抗炎症で高い疼痛緩和効果があります。
急性の五十肩など、患部を温めないでソフトな治療が必要な場合、特に効果を発揮します。

干渉波治療器(SEDANTE NEO)について

干渉波治療器(SEDANTE NEO)異なる2方向からの搬送周波数を結合させ生じる波形(マルチインパクトウェーブ)の干渉電流が深部まで働きかけ奥行きと広がりがある立体的な刺激を与え、筋肉の収縮と弛緩を繰返すポンピング作用により筋肉をほぐし、血流を促進させて、痛み物質の除去を図ります。
(低周波、中周波、高周波と周波数帯域の組み合わせで治療部位にあわせて表層部から深層部まで刺激の強さを自在に変えることができます)

SSP治療器について

SSP治療器 ”SSP”(=Silver Spike Point)と呼ばれる特殊な金属電極を用いて低痛周波通電を行う経皮的ツボ電気刺激(TEAS)を与えます。ツボ刺激の効果は広く知られ臨床応用されてきましたが、「刺さない針治療」という発想から開発されたSSP療法は針治療のように痛い、怖いというイメージがなく、また細菌感染などの心配もない安全な治療法です。局所血流の改善による発痛物質の除去やゲートコントロール(痛み情報を上位中枢に伝える神経細胞の働きを抑制する)効果があるといわれています。

その他の物療機器として干渉波治療器2台、ハイブリット電気刺激治療器(低周波中周波)rutina、マイクロウェーブ、ローラーベッドなどを揃えています。

当院からのお知らせ

過去の記事